070-1360-2244

WAKAMEについて

【所在地】 〒950-0972新潟市中央区新和1-6-20 アーク笹出
【E-mail】 info@oushi-wakame.com
【WebSite】https://ouchi-wakame.com

WAKAMEでの学習方法

【学習教材開発考1】時刻と時間のまなび方

言葉の意味を教えるよりも大変なことがあります‼️

”抽象”の授業です。

数字や時間という”概念”を伝える授業が、一番難しいと今、生徒さんと過ごす時間の中でめちゃくちゃ痛感しています。

「ん?ジカンってなんですのん?」

えっと、、、そうね、あなたも時間の概念がない側のチームですよね。(犬には時間の概念がないっていうのを聞いたことあります。。。)

 

元々混沌としていた世界を、「時間」というもので区切った‼️

すげーよ。

これ決めた学者の先生方、ものすんごいことをやってくださった❗️と思うのですが。

それを「教える」ってことが、こんなに大変だって知らんかったよ。

今日はその、「時刻と時間」の授業について感じたことを書きます。

 

「時刻」は見ればわかる/時間の「経過」の伝え方がわからない

よくよく考えてみると、「時刻」のルールを覚える方法は、そんなに難しくありません。

短い針=〜時

長い針=〜分

それは「目で見てわかるもの」、視覚的認知が可能なのでルールは、「アナログ時計」を見ればまあまあ思い出せます。

 

でも、「時間」はどうでしょう?

長い針が「60目盛」進んだら、なんで「〜時」が+1増えるん?

この質問にどのように答えますか?

 

1時60分という言い方が誤りであることを、どの様に伝えるでしょうか?

 

私にとってこの「時間の経過のルール」を伝える方法は難題です。

 

結果として、私が使ったものは「模型の時計」でした。

 

「長針」を自分で動かして、「短針」の動きを追う=「具体例」から「抽象」へ

結局困った私が使った方法。

それは現代文の読解技術と同じでした。

「具体例を具体化する」

 

つまりは、「生徒さん自身で、時計の長針をひと目盛ずつ動かしてもらう」ことを繰り返す。

それに尽きます。

時計のイラスト - 5分刻み時間表示に使える無料素材 - チコデザ

時間を自分で進めてみることを繰り返していくと、

○分は目盛の進み具合でしかないことに気づく。

そして、それに気づいた時、

やっと「抽象化」の作業に入っていける気がします。

 

例えば、次のような問題があります。

小学校2年生の算数の問題です。

A君は午前10時10分に公園を出ました。家まで歩いて30分かかります。A君が家に着くのは、午前何時何分でしょう。

韓国語での時間の言い方・読み方は?ハングルの数字表現 [韓国語] All About

 

この問題は、「〜分」という分針の動きしか考えなくていいので、実質的な計算は「二桁の足し算」ですよね。

「10+30=40」という計算ができれば正答できます。

ところが、次のような問題は一つレベルが上がります。

 

Bさんは、午後1時40分に学校を出ました。家まで20分かかります。Bさんが家に着くのは午後何時ですか。時計のイラスト - 5分刻み時間表示に使える無料素材 - チコデザ

 

 

この問題では、

「午後1時40分」に「20分」を「足し算」しただけでは、答えは出ません。

なぜなら、

 

「〜分」という単位は、「60」までいくと、次の「〜時」に”繰り上がる”(こういう言い方はしませんが)ことがわかっている

必要があるからです。

 

これば、短針の動きさえ見ればすぐに分かります。

 

でも、「文章だけ」で問題を解くことができる様になるまで、

数的処理の力が未発達な小学校低学年の場合は繰り返し「視覚化」して問題を解いていく必要があると思うのです。

 

*「40+20=60」という単純な計算では解けないこと。

*「60分」は「1時間」であること。

*「60分」経過したら、短針は「+1」進むこと。

文章題を限られた時間内で解くためには、これらの知識を瞬時に組み合わせて、

脳内の「時計の模型」をくるりと自分で回して、考える必要があります。

 

 

実はここは、非常に難しい概念なのではないか。

そう思っています。

 

だって、「長針」と「短針」の連動性は、子どもたちは”自分では”うまく言語化できません。

算数の教科書にも「なぜ長針が60進むと、短針が1進むのか」についての明確な説明はないんです。

 

だからこそ、言語や視覚による学習が得意な子どもたちには意識して、模型を自分の手で動かしてもらう。

「頭の中の時計」がぐるぐる自然に回るまで。

「長針」と「短針」の連動性が無意識に定着するまで。

実際に自分で時計を動かすワークを繰り返す必要があるんです‼️

 

さらに考えてみよう 〜「分」を過去に戻す時〜

さらに、次のような例題があります。

Cさんは、午後4時に家に帰る約束です。公園から家までは、20分かかります。

午後4時に家に着くには、公園を午後何時何分に出ればよいですか。丸い形のアナログ時計と時間別のイラスト | フリー、無料で使えるイラストカット.com

 

 

ここでもやっぱり、抽象化が得意な子はすぐ「60ー20=40」という計算ができます。

しかし、視覚優位の子どもたちは「午後4時に着くために、午後4時よりも前に(午後3時台)に公園を出る」ということがすぐには理解できないです。

そのため、「何時に出発すればいいかな?」と聞くと、「4時」と答える子は実はたくさんいます。

集団授業の中では、そのような子どもたちの存在に即座には気づけていないだけです。

実は「4時より前に出ないと4時にはつけない」ということは、文章からはうまく読み取れないからです。(説明されてないから)

 

そのため、

補足の言葉として板書してもいいかもしれません。

「4時よりも前、3時●●分に出ないと、家に4時に着くことはできません」とか。

 

または、

数直線や「位くん(私の「繰り上がり」を勉強するための教具)」のようなものを使って、

書いて説明します。小3算数「時こくと時間」指導アイデア|みんなの教育技術

 

このように、「抽象的な概念」の基礎を学ぶために本当〜〜〜に重要な教科が「算数」‼️

この抽象を言語化する力をつけるために、今日も藤枝はウンウン唸りながら教材研究をしています😆🌟

 

最後に 〜長さや図形よりも難解なもの〜

今日は「算数」の中でも理解が難しいポイント「時刻と時間」の文章題の練習方法について考えたことを書いてみました。

「長さ」の単位も、「水のかさ(容積)」も実は概念的には似ています。

1ミリが10重なると「1センチ」になります。

これはよく”「メートル」を真ん中にして、他の”ミリ”や”センチ”の意味を教えればいい”と書いているサイトがありますが、

そんな抽象化の力があったら、「長さ」や「かさ」でつまづきません。

 

その説明が有効かどうかは、「時刻と時間」や「位」の繰り上がり・繰り下がりで引っ掛かるかどうかを基準にしていいと感じます。

 

この「位」や「単位」の置き換えの概念がスッと入ってこない子どもたちには、

「視覚化」の繰り返しが必須です。

今後も「抽象的な概念の視覚化」と「単位のルールの言語化」を試行錯誤して、

理解を深める教材づくりを進めていきます♪

 

では今日のブログはここまで!

次回は、高校生と学ぶ日本史の授業で気づいたことについて、書きたいと思います‼️

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

 

*書き手*

藤枝陽(フジエダヨウ)

高校教員を2020年に退職。

2021年6月1日、「おうちフリースクールWAKAME新潟」を立ち上げる。

現在、個別学習サポート&学習不登校支援事業と、ハンドメイド作家、建設会社事務員という3足のワラジで活動中。

3年生の担任をしていた時

※写真をクリックすると、自己紹介ページに飛びます🕊※

-WAKAMEでの学習方法
-, , , , ,

© 2021 おうちフリースクール WAKAME 新潟